忍者ブログ
コタロウは2012/09/24にお星さまになりました。 次々とウチのコになったむぎわらのまる、キジ白のみかん、キジトラのコジロウと一家の日々をまったりつづります。
2017/11月
≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   12月≫
[311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実家の フィガロが逝きました。。

大好きなおウチで 大好きな母に看取られて。。
17歳3ヶ月。。。。きっと幸せなにゃん生だったと 思いマス。

フィガの ダンゴしっぽが 大好きでした。。
おしゃべりな 大きな声も。
きれいな ハチワレも。。

今年の第九は フィガロのために歌うね。。
ばぁばと一緒に歌うから、、見守っててね。フィガロ。

20110816074630



20110617224308



20110531161535


20100314135655





  ポチッ とクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
pass
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
フィガロちゃん。
そうですか。残念です。
お母さんは具合が悪くなったフィガロちゃんの
介護を一生懸命されていたのを考えると、
残念でなりません。

コタハハさんご一族が健やかでありますように。
今年の第九で送ってあげてください。
みそちゃんの父 URL 2011/11/27(Sun)05:37:46 編集
無題
フィガロちゃん、
きっとと言うか、絶対に幸せな猫生でしたよ。
最期は大好きなお母さんに看取ってもらえたんですから・・・!!!

第九はフィガロちゃんの為に、歌ってあげてください。
ツナまん URL 2011/11/27(Sun)11:37:31 編集
無題
別れは辛いものですが、お母さんのそばで逝けてホントによかった。
フィガロさんの冥福を心よりお祈り申し上げます。
はなまる 2011/11/27(Sun)16:59:50 編集
無題
お別れが来たんやね
頑張ってたもんねフィガロちゃんも母上も・・・
今の母上の気持ちを考えると
とても切ない
いつか、この時が来るのは理解してても
現実になってしまうとね・・・

でも最期一緒にいれたとのこと
せめてもの救いではないでしょうか
フィガロちゃんのご冥福を
心よりお祈りします。
そして母上が元気になられますように・・・
にゃタロー 2011/11/27(Sun)19:28:47 編集
無題
フィガロちゃん 思い出を残して行ってしまったんですね。長く闘病されたとのこと お疲れさまでした。
苦しまなくていい世界に行って コタハハさん達を見守ってくれるでしょう。
安らかに眠れるよう お祈りします。
きゃぴばば URL 2011/11/27(Sun)20:31:33 編集
無題
みそちゃんの父サン、こんばんわ!
ありがとうゴザイマス。。
母も、覚悟はしてたんデスけど、いざこうなると…ツラいですね。
十分長生きだし、介護もしたと思っても、、なかなかすぐに割り切れる思いでもナイですし。
第九は本当に 特別な意味を持つモノになりました。精一杯 歌います!
コタロウのハハ 2011/11/27(Sun)23:32:02 編集
無題
ツナまんサン、、ありがとうございます!!
ホントに仕方のナイことだし、フィガロは病気で覚悟していたと言うものの、、なかなか受け入れたくない自分がいます。母も同じ気持ちだと思いマスが、今はまだ…でも、時間薬で、、母とフィガロのことを話せる日が来ると思いマス。。
コタロウのハハ 2011/11/27(Sun)23:40:28 編集
無題
はなまるサン、ありがとうございます。
いつか…と覚悟はしてたんデスが、いざとなると…ツラいですね。。
ホントにウチで見守られて逝けたのが、せめてもの救いです。
コタロウのハハ 2011/11/27(Sun)23:43:24 編集
無題
にゃタローサン、ありがとうございます。。
ついに来てしまいました。。そう遠くないだろうと覚悟はしてたんデスが、なかなか簡単に気持ちおさまりませんよね。。母はずっと一緒にいたので、なおさらデス。
母にとっては、2匹目の「特別なにゃんこ」でしたし。
フィガロはウチで生まれた子やし、他を知らない箱入りの甘えたやったから。。
今はまだ…やけど、ゆっくりと気持ちを落ち着かせてくれたら…と思いマス。。
コタロウのハハ 2011/11/27(Sun)23:50:36 編集
無題
きゃぴばばサン、ありがとうございます。。
そう、思い出はたくさん!
今はまだ…デスが。。大好きなおウチの庭にお墓を作りました。
いつでもお庭を走り回ってましたから!
フィガロもきっと川のふもとで母が来るのを待ってくれてる事でしょう。。
コタロウのハハ 2011/11/27(Sun)23:56:55 編集
無題
別れが来る事は、分かっていても辛いですよね。
幸せな猫生をおくれたフィガロちゃん
きっと、コタハハさんの歌う第九を聴きながら、天国でも歌ってますよ!
アジモアナ 2011/11/28(Mon)08:17:24 編集
無題
アジモアナさん、こんばんわ!
ありがとうゴザイマス!そう…分かっていても。。デスね。
もぉ少し時間がたって フィガロの思い出を語り合えるよーになればいいなって思います。。
コタロウのハハ 2011/11/28(Mon)21:36:17 編集
17歳3ヶ月かぁ。。
最近、すごく幸せなにゃん生って何だろうって考えちゃいます。
最後はどうやって迎えさせてあげたらいいんだろう。。。とか、たとえば何か病気になった時に、言葉が通じたら一緒に治療を頑張ろうねって励ますこともできるけど、言葉がわからないにゃんこから見たら注射や薬はどんなふうに思うんだろう。。。とか。
17年もの時間を一緒に過ごした家族がいなくなってしまったら。。。考えるだけで胸が詰まってしまいます。
でもきっと一足先に向こうへ行ってしまっただけ。。。今少しの間、お別れするだけなんですよね。
まるママ 2011/11/29(Tue)18:24:32 編集
無題
まるママサン、こんばんわ!
ワタスが思う幸せなにゃん生って、、元気にストレスなく 飼い主サンに可愛がってもらうこと!
だと思うんデス。。
病気になって、注射やら、お薬やら、本にゃんにとっては迷惑なんじゃ??と考えてしまいがちデスが、そうではなく、元気になるための必要なこと!と飼い主サンが強い意志でもって、病気、ケガに立ち向かうこと!
ウチの母も、病気になってから、無理やり薬を飲ませたりして、フィガロが私の顔を見て逃げるってよく泣いてました。。
でも、やっぱり 病気になったら、お薬飲ませる!可愛いわがコに元気になってもらいたい一心で。。
多分、フィガロは幸せなにゃんだったろうと思いマス。。フィガロに出会えた私達もとても 幸せでした。。

コタロウのハハ 2011/11/29(Tue)20:51:00 編集
なるほど。。。
可愛いわがにゃんが病気になった時には自分も気持ちを強く持って戦わなければなりませんね。。。!
最近ワクチンのことでちょっといろいろ考えすぎていましたが、コタハハさんのコメントを見て納得。
嫌がるからといって治療もせずに放置するなんてことはできませんもんね。。。勉強になりました、ありがとう。
まるママ 2011/11/30(Wed)16:05:20 編集
無題
まるママサンへ…
いえいえ、こちらこそ、参考になったなら、嬉しいデス。。
縁あって、わがコになったにゃんを可愛がるだけじゃーなくて、守るのも、飼い主さんしか出来ないことやモンね。。。
ウチのまるちゃんも 早くワクチン打てるよーになりたいなぁ(泣)
コタロウのハハ 2011/12/02(Fri)00:26:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
コタロウのハハ
性別:
非公開
むぎわら猫同盟 会員証


2012年3月入会 o(^∀^*)o
by むぎわら猫通信
キジトラ連合??


まる ((p(*>ω<*)q))ウラヤマスィ~!!!
しかたがないのでコタロウも
キジトラ連合 結成する???



みかん  よろしくm(._.)m
 2013年11月 加入

最新コメント
[01/10 ひめ]
[01/04 ツナまん]
[01/03 つぐママ]
[01/03 コタロウのハハ]
[12/06 つぐママ]
[12/05 ひめ]
[12/05 ツナまん]
[12/04 きゃぴばば]
おすすめ!
★★ 見るだけで楽しい♪ ★★
   見てね (*^-^)ニコ  



ブログ内検索

Powered by Ninja Blog
template by Temp* factory    phot by FOG.
cat of model by Cat Cafeねころび

忍者ブログ [PR]