忍者ブログ
コタロウは2012/09/24にお星さまになりました。 次々とウチのコになったむぎわらのまる、キジ白のみかん、キジトラのコジロウと一家の日々をまったりつづります。
2017/05月
≪04月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   06月≫
[458] [457] [456] [455] [454] [453] [452] [451] [450] [449] [448
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
 
  私の大切な ブロ友の皆さん、、皆さんが コタロウのことを 我がことのように、感じて
 
 くださり、泣いてくださり コタロウの冥福を 祈ってくださり。。

 ありがとうございます。。。。

 本当に お会いしたこともない 関係やケド、、すごく力強い 絆を感じています。。

 皆さんの想いが 私たち家族を どれほど 慰めてくれているか。。

 私は 1人じゃない!と思える、想いを 共有してくれる人がいる!ことは 

 今回の 悲しい出来事の中で 宝物のような ものです。。

 まだ、、お一人お一人に コメントを返す 体力はありませんが

 少しづつ、、皆さんのところへも おじゃまさせて いただきますね。。

 ありがとう!!

 




まるは、、元気にしています。。

 きっと、、淋しいんでしょうケド。

 コタロウが入院したとき、3日目くらいで 「コタが帰ってこない!」とゆー異変に気付いた
 のか、、(多分 それまでは 外から帰ってこない。。くらいに思ってたんじゃ、)
 「あうぉ~~!」って鳴きながら コタロウを 探し回ってた。。


 







 畑の見える 窓から コタロウを 呼んでみたり。。




 コタロウが 一時退院 (最初の 病院から 帰ってきたとき)は 嬉しそうに

 コタロウのあとをついて回り、、頭を舐めたり。。

 でも、2番目の病院から帰ってきたときは、、コタロウだ!って解ってる感じやケド

 お薬のにおいがするのか、あまりそばには寄らなかった。。


 最期の お別れのときも、箱にはすり~とするものの、それ以上は近づかなかった。。

 コタロウが大好きやった まる。。

 きっと 淋しいよね。。

 でも、 代わりに 私たちに だいぶ なでなで させてくれるようになった。。

 なでなですると、「ごろごろ・・・」言ってくれる。。


 コタ、、心配しなくていいよ!

 まるちゃんは ちゃんとおウチのコになって、、元気に過ごすから。

 コタロウの分まで 長生き してもらうから!




 コタロウの 遺影。。



 ばぁばと 妹から お花が届きました。。

 少し 明るくなりました。

 ありがとう・・・








  ポチッ とクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村


PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
pass
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
こんばんは。いつもツナまんの所でコメントみかけてました。 コタロウちゃんの訃報を聞いてびっくりしました。 
コタロウちゃんは、コタロウのハハさんやまるちゃんから愛されてすごく幸せな日々だったんだと思います。

ご冥福をお祈りします。
オッティー 2012/09/26(Wed)22:24:30 編集
無題
さびしいねぇ。時間が止まったまま、今日が何日かもわかれへん。
昨夜、遅く突然アンが小さく「ニャニャニャッ」と言いながら天井を見上げ、タワーの上まで登って見上げてる。虫でも居るんかと思ったけど、何もいてなくて、でもアンは目を丸くして見上げてる。
それで、コタロウが別れを言いに来てくれたんだと感じた。アンには、見えたんやろうね。
とても不思議なことやけど、私には確信できた。
さよなら、コタロウ! 迷わずにお行き!!
吉野の里 2012/09/26(Wed)22:30:30 編集
無題
コタくんの事もそうでしたが、それと同じくらい
まるちゃんのことも心配していました。
思ったとおり、大事なパートナーであるコタくん
を呼び続けて、その後はちゃんと家族になじんで。
いい方向で物事が進んで行きそうでよかったです。
まるちゃんがいてくれた事。コタくんにとっても、
一家の皆さんにとっても、とてもいいことだと思います。
まるちゃんと一家のご多幸を願って!
みそちゃんの父 URL 2012/09/27(Thu)04:23:51 編集
無題
コタちゃん 写真だけになっちゃったねぇ。
親不孝にもほどがあるね。
でもこれからはまるちゃんが親孝行してくれるよ。
コタちゃんとひそひそ話ししながら ちょこっと悪戯なんかもしてね^^。
きゃぴばば URL 2012/09/27(Thu)08:08:33 編集
無題
まるちゃん、元気で良かったですがコタロウちゃんが居なくなって、淋しいですよね・・・、
だってコタロウちゃんのお蔭で、家猫にしてもらって今は淋しいだろうけど感謝もいっぱいしてくれてます、
私が言わなくてもコタロウのハハさんは大丈夫だろうけど、まるちゃんをどうかお願いします。

コタロウちゃんの遺影をみて、コタロウちゃんが居ないんだと言う実感が・・・。
ツナまん URL 2012/09/27(Thu)09:38:09 編集
無題
まるちゃんやご家族の気持ちを思うと涙が…

うちのにゃん子が亡くなった時も
プリンは最初、ニャーニャーって泣きながら、
グルグル周ってたけど、
病院に行き、身体を洗ってあげたら
もう近づこうとせず、部屋にも入りませんでした。
遠くから威嚇の声さえもあげました。

にゃんちゃんに対してじゃなく多分
そうなったことへの見えないものへ怒りかななんて
後から勝手に思ったりしました。

まるちゃん、眠っているコタちゃんじゃなく
一緒に遊んだり散歩したりする
コタちゃんを探しているのかな。
にゃん子とプリンの母ちゃん URL 2012/09/27(Thu)10:36:23 編集
無題
はなまるさんのところでよくお見かけしてて、コメントするのは初ですが・・・
コタロウくんの訃報を知って、驚き涙が止まりません。

なんと言ったら良いか・・・
でも、きっと幸せな猫生だったと思います。
コタロウのハハさん達の愛情に包まれて・・・
いつか必ず生まれ変わってハハさんの元に来てくれると信じています。

ご冥福をお祈りします。
chibimama 2012/09/27(Thu)10:50:52 編集
無題
こんばんは。
コタロウちゃんの事を妻から聞いて
でも、怖くて記事が読めずにいました。
昨日半分読むのが精一杯で、
今日やっと読むことができました。
すみません。

まだ信じられません。
コタロウちゃんのご冥福をお祈りします。

そう、
いつか分からないけど、コタちゃんはトラ猫に生まれて戻って来ますね。きっと!
アジモアナ 2012/09/27(Thu)21:51:04 編集
無題
まるちゃんのこと心配してたんだよ
コタのことはもちろん気にしていたんだけど
まるちゃんが1ニャンで何を考えて
コタを待ってるかと思うだけで
そちらにもグっと込みあげてくるものがあって・・・
窓から畑を見てコタを待ってる写真
何か言葉にならない・・・
ハハ達ご家族と同じようにまるちゃんも
淋しいよね
いなくなった理由が分からないから
なおさらかもしれないね
ハハ達の愛情で、まるちゃんの寂しさや不安を
取り除いてあげてください・・・
ご家族・まるちゃんに穏やかな日々がきますようい。。。。・
にゃタロー 2012/09/27(Thu)23:26:11 編集
無題
まるちゃん、コタロウちゃんのこと大好きだったもんね。
いなくなったってわかるのかなぁ。
野良猫全開だったまるちゃんがなでなでさせてくれる…。まるちゃんにはやっぱり何か分かってるんじゃないですかね。
まるちゃんもコタロウちゃんもこれからもずっと家族ですよ!
ごまもふママ URL 2012/09/28(Fri)16:52:43 編集
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
コタロウのハハ
性別:
非公開
むぎわら猫同盟 会員証


2012年3月入会 o(^∀^*)o
by むぎわら猫通信
キジトラ連合??


まる ((p(*>ω<*)q))ウラヤマスィ~!!!
しかたがないのでコタロウも
キジトラ連合 結成する???



みかん  よろしくm(._.)m
 2013年11月 加入

最新コメント
[01/10 ひめ]
[01/04 ツナまん]
[01/03 つぐママ]
[01/03 コタロウのハハ]
[12/06 つぐママ]
[12/05 ひめ]
[12/05 ツナまん]
[12/04 きゃぴばば]
おすすめ!
★★ 見るだけで楽しい♪ ★★
   見てね (*^-^)ニコ  



ブログ内検索

Powered by Ninja Blog
template by Temp* factory    phot by FOG.
cat of model by Cat Cafeねころび

忍者ブログ [PR]